有楽町のカフェテラス

もしも封筒の中身がお祈りだったら、結果を尋ねるのも申し訳ない。
しかし、いずれにせよ聞かなければならない。
胸のざわつきを落ち着かせるために俺は有楽町駅前をほっつき歩いた。
あてもなく街中をほっつき歩くのが最初のうちはもの凄く恥ずかしかったが、歩いているうちに我が心の陰雲は少しずつ取り除かれていった。
でも、さすがに疲れる。俺はカフェに入った。
店内に流れるBGMのクラシック音楽が疲れ切った俺の心身を忽ちにして癒してくれる。
エスプレッソを注文して席につく俺。
——このまま実家に帰るべきだろうか。終いにはそんな考えまで悶々と浮かび上がってきた。医療脱毛のおすすめクリニックランキングはこれ