好き嫌いが多かった子供時代

私は、子供の頃の偏食は親をかなり悩ますものでした。
今なお苦手なものもありますが、子供の頃はひどかったです。
漬物、魚、肉、どの食べ物にも嫌いなものが多かったです。
漬物は好きなカレーライスについている福神漬け以外は食べませんでした。
魚も唯一食べてたのは鮭。
光物は今でも積極的には食べません。
肉もカレーライスやハンバーグになれば食べてましたが、それ以外の料理は積極的に食べていなかったと思います。
学校の給食でも魚は苦手でした。今でも忘れられえないのが「いわしのトマトソース煮」です。
見ただけで拒否反応でした。
当時は給食は好き嫌いなく完食することが重視されていたので、残す食べ切るまで給食から解放されず、泣きべそを掻いていました。
父からは「戦争なって食べ物がなくなったらお前は先に死ぬぞ」と揶揄されました。
大人になってからは、かなり少なくなりました。
社会人1年目で、オフィスの近くにあった小料理屋の魚を中心としたランチで、さわら、きんき、などを覚えました。
漬物も浅漬けなども、食べられるようになりした。
それでも、今なお魚の光もの、レバー、珍味ものは敬遠してしまいます。イビサクリームの口コミはデリケートゾーンの黒ずみ解消したとあり